ビジューつきニットってオバサン?

さて「これってオバサンアイテムじゃん」と思っていたものでも、コーデによっては意外とイケるものがあります。

 

キラキラビジューがついているニットは苦手だったんですが、最近ではイケる気がしちゃって、どんどん着たおしちゃってます!

■ポイントはヒカリもんのボリューム
ビジューニットがうまく回せるようになった理由。それは、ビジューのボリュームに気がついたから。
あのね、ビジューニットがオバサンっぽくなるのは、ニット全体にキラキラがついている場合なの。どうしてもハデになるし、ボトムに何を合わせるのか、それこそお手上げ状態。
ところが、襟もとだけにビジューがついているものだと、ボトムはなんでもOKってことに気がついたの。襟もとがキラキラしていると、やっぱり顔うつりもいい。こっちの気分も上がるじゃない(笑)。
春もののライトグレーニットに、襟元ビジューつきなんてのが、めちゃめちゃ着まわせる。これに、ミニ丈のボックスプリーツスカートね。無地じゃなくて、チェックスカートなんかがあうんです。ミニがつらい人でも、膝上5センチくらいの丈にしてね。ボトムも軽めにしたいのよ。
■ワンポイントビジューは上品
もっとシックにおさめたいひとは、ビジューがワンポイントで入っているものを選んで。

 

ボタンだけが1列ビジューだとか、胸に大きめのキラキラが入っているものとか。その程度の光りぐあいなら、デートもOKだし、オフィスもOKです。結局はキラキラの分量ってことね〜。
ビジューアクセントの春物カーデに、柔らかい素材のフレアースカートなんて、絶対にハズシがない。ふんわりしたフレアースカートは、せいぜい膝丈にしておきましょう。

 

会社イベントにはちょうどいいコーデです。これくらいのキラキラなら、お局方面からもイヤミが出ないしね。

 

■全面ビジューは白ニット+黒デニム
どうしても、どうしても全部にビジューつきのニットが欲しい。そういう時は白の半そでニットにしてね。ボトムは、ブラックデニム。これ以上のコーデはありまへん。
半そでニットは軽めに着られるし、ビジューがついていても白×黒のモノトーンで何とかなる。一面ビジューは、それくらいめんどうなアイテムなのよ(笑)。

 

【こちらの記事もおすすめ♪】

《春服/2016》レディースの流行トレンドファッションから定番コーデまでわかりやすく紹介!

コメント