シャツワンピースのコーディネート!着こなしポイントを紹介

シーズンを問わずに使えるのがシャツワンピースだけど、秋冬はレイヤードの仕上げに使えるから、ほんとに便利。ココで着なければ、いつ着るんだ?

というぐらいぴったりのアイテムです。素材も柄もたくさんあるので、コーデによっていろいろ使い分けてね。
■デニムシャツワンピ+レザーシャツ
カジュアルなデニムのシャツワンピ。ワンピースとしても使えるし、羽織りモノとしてもとっても役に立つ。

ただ、甘めのデザインが多いような気がするので、ハード系アイテムと組み合わせるとちょうどいい。たとえばデニムシャツワンピ+スキニーパンツ。定番のコーデで、この上にアウターはどうするか。

 

ジャケットやダウンベストじゃ普通すぎるよ。ハードなレザー素材のシャツを重ねてみてね。もうちょっとスイートにするときは、かわいい系のマルチカラーのストールをぐるぐる巻くといいよ。
■ライダースジャケット+シャツワンピ
レザーのライダースジャケットとシャツワンピって、ホントに相性がよくって。

ワンピースとして1枚で着る時も、ライダースジャケットを重ねるとサマになります。黒のライダースジャケットなら、なかのシャツワンピはブルーか赤系のチェックがいい。

 

赤のチェックなんて大人にはキビしいと言われそうだけど、上に黒のライダースジャケットを羽織っちゃえば、シャツワンピがどんな色だろうと打ち消してしまいます。
パンツははかずに黒タイツ+ショートブーツ。大人な雰囲気を作るために、バッグとシューズも黒でそろえて。バッグは大ぶりのバーキンタイプがオススメ。シューズはハーフブーツで、ヒールが高いものでカッコよさを出そう。
■ブリティッシュテイストのアウターと
赤のチェックシャツワンピに似合うのは、意外にもブリティッシュスタイルのアウター。

 

ショート丈のダッフルなんて、いかが?これにロングブーツをはいて、シャツワンピの下にはハイネックのセーターを。ボトムはダメージデニムがいい。

 

スキニーなボトムのほうが、シャツワンピのふんわりした感じがよく出るよ。ショート丈のダッフルはボトムを問わないので、黒やキャメルカラーを1枚持っておこうね。

 

【こちらの記事もおすすめ♪】

《春服/2016》レディースの流行トレンドファッションから定番コーデまでわかりやすく紹介!

コメント