オトナきれいなダメージデニムのコーディネート!

ダメージジーンズ。昔はよくはいたなあ、って、遠い目をしないように(笑)。

 

大人になればなるほどダメージデニムって使いにくくなるものですが、時にはハズシのアイテムとして入れてみよう。デートやオフィスには使えないけど、女子同士のショッピングなんかには、悪くないもんなのよ〜。
■カシミアニットと
大人がダメージデニムを使う時は、トップスをコンサバに、お嬢に、品良くすること。

 

これを忘れると、全身が「小汚い」で終わっちゃいます。そもそも、オトナ女子とダメージデニムはそれほど相性がよくないんで(笑)。トップスは、これでどうだ〜っていうくらいに、トラディショナルに行きましょう。
だから、ニット。できればカシミアがいい。

黒の丸首ニットにパールのネックレスを使い、袖をロールアップする。出した手首に派手なアクセをする。こういう時は、ヘアもアップ気味にしてね。首まわりをスッキリさせておいて、ボトムにダメージデニム。デニムの丈もロールアップで調整を。くるぶしよりも上にして、黒のヒールパンプスです。
小物でも徹底的にエレンガンスをだしたいので、キルティングのクラッチ(黒)なんかを持ってください。
■チェックシャツにファーマフラー
まあ、ここまでレディライクにコーデしなくてもいい時は、チェックシャツを合わせるといいでしょう。

 

骨盤までの丈のチェックシャツで、カラーはブルーやグリーンの寒色系がいいです。だらしなく見せたくないから、チェックシャツのボタンはキッチリとめてね。それと、ロングのチェックシャツはNG。

 

トップスはコンパクトにするほうが、ダメージデニムがキレイに見えるの。
冬ならふわっとしたファーマフラーを加えてアクセントに。カジュアル派のひとは、白いパーカーを羽織りましょう。これも足元は黒のヒールパンプス+バッグもかっちりした黒で。

 

ダメージデニムの時は、小物で気を抜くと、一気にダラダラしちゃうよ。
■ボーダーニット+トレンチ
デニムとボーダー。鉄板です。ダメージデニムで合わせる場合は、ボートネックニットで首や肩を華奢にみせる。ボートネックは鎖骨が少しのぞくと、健康的にイヤらしくていい(笑)。

 

ボーダーは白×ネイビーくらいでとどめておきましょう。
あくまでもコンサバで攻めたいんで。アウターはキャメルのトレンチね(個人的にはネイビーのトレンチもいいかな)。足元はもちろんヒールですよ。カラーが欲しい人はシューズで入れてね。

 

えんじのスウェードヒールなんかがお似合いです。

 

 

【こちらの記事もおすすめ♪】

《春服/2016》レディースの流行トレンドファッションから定番コーデまでわかりやすく紹介!

コメント