ほんとに使いやすいポンチョチュニック♪

春先はお天気がいいとは言え、ちょっと肌寒い時がある。

 

何かはおりたいけど、ジャケットだとフォーマルになりすぎる。こういう時はポンチョチュニックよ。頭からすっぽりとかぶるだけで、とってもこなれた感じがでるアイテムです。

■スキニ—パンツが定番
ポンチョチュニックは、ボリュームが大きいトップスなので、これ1枚でインパクトありすぎ。そこでボトムはシンプルにまとめるのが王道です。スキニーパンツや細身のクロップドパンツ、テーパードパンツなどなど。
スキニーデニムなら、ポンチョチュニックの柄から(それにしても、ポンチョチュニックってたいていカラフルな柄だよね)カラーをひとつ取り、ボトムの色を同系色のダークでそろえるといいよ。
たとえばイエローの花柄だったら、ボトムは濃いブラウンにするわけ。これで全身の色数がへるので、見た目はかなりすっきりするんです。

■デニムショーパン
ふんわり上半身をカバーするポンチョチュニック。じゃあ下半身はどうやって細く見せるんだ、と言われたら、まよわずショーパンを押しますね!
ショーパンじゃあ余計にデブが目立つだろって、おこらないで(笑)。足の太さが気になる人は、なるべく出したほうが目立たないの。これ、ほんとなんだって、一度やってみてほしい。レギンスなどで中途半端に足を隠すより、どーんと出したほうが細く見える。
多少派手な柄のポンチョチュニックには、デニムや無地のショーパンか、白×黒チェックのパンツを合わせましょう。
■カーゴパンツかカモフラパンツ
シックにしたい人は、ポンチョチュニックもアイボリーやアイシーグレー、ベージュなどの基本カラーをチョイス。ボトムは細身のカーゴパンツです。

 

カーゴはカジュアルなボトムだから、ポンチョチュニックとも相性がよし。さらに春ものの淡いカラーと濃いオリーブグリーンがよくあいます。
同じような理由で、カモフラ柄のスキニーパンツもおすすめ。これにクラッチバッグを持ったら70年代風だし、トレンドにちゃんとハマっているよ。

 

【こちらの記事もおすすめ♪】

《春服/2016》レディースの流行トレンドファッションから定番コーデまでわかりやすく紹介!

コメント