レースシャツのコーディネート!着こなしポイントを紹介

今やファッションはどんなアイテム同士を組み合わせてもいいという雰囲気だけど、やはり着る人を選ぶアイテムもある。レースシャツがそうでしょ。

 

シャツだけでなく、レースアイテム全体が「大人に着てほしい」というムードだからね~。これをかわいく着るにはどうしよう。

■台形スカートかボックスプリーツがキュート
レースシャツといってもいろいろあって、身ごろも袖も背中も全部、総レースというデザインはむずかしい。ボトムにも気合がいる(笑)。まずは使いやすい、裾にだけレースが入っているシャツを買ってみよう。
シャツ全体がシースルーになっていて袖や裾にだけレースが入っているデザインは、レースに慣れていない人でも着やすいアイテム。
シャツのカラーは白かシャンパンベージュなどがあわせやすい。
Aラインのふんわりしたシャツブラウスに、台形のデニムスカートを合わせるとかわいいよ。タイトなシルエットのスカートも悪くないですが、ふんわりした雰囲気に元気さをプラスしたいんで、台形スカートかボックスプリーツがおすすめです。

■黒のテーパードパンツ
襟付きの総レースシャツを着るなら、ボトムもかっちりしてくださいね~。

 

黒のテーパードパンツでモノトーンにするのが鉄板でしょ。スカートもいいけど、総レースシャツにスカートって、正直エレガントすぎる(笑)。テーパードパンツやクロップドのスリムなカジュアルラインがぴったりです。
ウェストには細いベルトをプラス。このベルトは絶対に細くしてね。ごついベルトだと、レースシャツの繊細な雰囲気がぶちこわし(笑)。シューズとバッグはベージュでそろえよう。

 

オフィスに着ていくなら、グレージュくらい落ち着いた雰囲気のバッグでいい。シューズは絶対にヒールパンプスです。
■フレアーショーパンで足長に
キュートなコーデにしたい日は、半そでのレースシャツ(ショート丈)にフレアーショーパンを合わせよう。

 

実はレースシャツの袖って、ほどよく二の腕を隠してくれるので、気になる人にはおすすめなの。透ける感じが、ぷにょ腕をさりげなくカバーしてくれるのだ。レースシャツの下には黒のニットを着て、身ごろ全体もひきしめる。
フレアーショーパンはハイウェストをチョイス。これで足長効果を狙います。足元はちょっとボリューミーなサンダルでいいから、絶対に生脚で行こう。

 

【こちらの記事もおすすめ♪】

《春服/2016》レディースの流行トレンドファッションから定番コーデまでわかりやすく紹介!

コメント