ノーカラージャケットのコーディネート!おしゃれなレディースの着こなし方

大人となれば、ジャケットを着こなしたい。スーツのジャケットくらいなら何とかなるけど、ノーカラー(襟なし)となると、どうかな。ちょっと自信がないって人は、参考にしてください。カジュアルにもコーデできるよ。
■ニットとスキニ—パンツでモノトーン
ノーカラージャケットというと「色のない、白いジャケットですか?」とよく聞かれるけど、色はあります(笑)。英語でかくと「collar(襟)」で、「color(色)」じゃありません。ややこしいよね、私も最初はそう思ったもん。
ビジュアル的にはシャネルスーツの上、アレをイメージしてくださいね。
そんなジャケットを単体でどうコーデするんだって思うけど、意外とできちゃったりして。グレー単色のノーカラージャケットなら、後は全身黒にする。黒のニット、黒のスキニ—パンツでグレーのノーカラージャケット。

 

全身がすでにIラインで出来上がっているので、ノーカラージャケットは色を添えるっていう感じかな。足元をスニーカーにすると、一気に抜け感が出ます。オシャレすぎるわ。
■ショーパンでカジュアルに
それほど上級者なコーデにしなくても、ショーパンとあわせることができます。インナーに白のカットソー、ボトムにカモフラ柄(!)のショーパン、下は黒タイツとアンクルブーツです。ノーカラージャケットは白か黒のシンプルなものを。

 

このコーデは、ミニフレアーにしてもカジュアルでかわいい。タイトスカートにすると、一気にエレガントさが出ちゃうので、カジュアルに遊びたい人には不向きかも。
そうそう、ノーカラージャケットは丈がむずかしいからね。絶対にショートを買ってね。せめて、骨盤の上ギリギリくらいの短いものが使いやすい。そこだけ押さえておけば簡単に着こなせちゃうアイテムなのだ。
■スウェット!?
ドレスダウンということで、スウェットパンツと合わせることもできます。すごいな、ノーカラージャケットって。スウェットは細身ラインで、七分丈を選びましょう。カラーはオフホワイトかライトグレーで。

 

インナーには白ベースのロゴTシャツを合わせます。すっきりまとまったところへ、カラフルなノーカラージャケットを(って、ややこしいな(笑))。マスタードカラーやクリーム色、カーキなどが合います。
このコーデの時は、ヒールはガツンと高めでね。太いヒールで最低でも7センチは欲しいところ。すっきりまとまります。

コメント