オフィスのコーデ・服装のポイントを紹介

オフィスには、カジュアルデーというやつがありまして。このカジュアルデーがクセモノ。カジュアルだから何でも着ていけばいいってもんじゃなくて、デニムをはけば「わきまえろ」って言われるし、タイトスカートをはけば「カジュアルデーなのに」って言われる。あああ、めんどうくさい(笑)!
■【オフィスのコーデ】定番はチノ+サックスブルーのシャツ
こうなったら、カジュアルデーはチノパンをはいていこう。よく考えたら、男性社員はチノパン率がたかいもん。女子だって、チノパンでいいでしょ。
オフィス用でも、コーデの手は抜きたくない。ベージュのチノパンはだれでも持っているから、これを基本にしようね。ベージュチノパンにサックスブルーのシャツ。これで十分。チノパンの裾をちょっとロールアップしておいて、シューズをベージュのポインテッドトゥのヒールにする。はい、ちゃんとオフィスで浮かないチノパンコーデができました。白のカーディガンをはおると、さらに好感度アップ♪
■【オフィスのコーデ】ネイビーのニット+白シャツ
ベージュチノパンは、ブルー系と相性がいいから、ネイビーのニットと合わせるってのも、いいですよん。ニットはシンプルな丸首、Vネックのものを。中に白いシャツを着ても良しです。白い襟がちょっとのぞいていると、いい感じの差し色になります。意外と目立つ小さなゾーンです。
ネイビーのニットの時は、シューズは黒のヒールパンプスが良いと思う。ベージュのパンプスだと、上:ダークトーン、下:ライトトーンってパッキリわかれちゃう。これはこれでバランスがとれているんだけど、オシャレさんと呼ばれたいなら、黒のヒールよ。
■【オフィスのコーデ】黒カーディガンは使える
黒のカーディガンと合わせるのも、上品なコーデ。カーディガンは前を開けてインナーのカットソーを見せてもいいし、ボタンを全部閉じてニット風に来てもいい。ニット風にする時は、部分的にインしてお尻まで隠してしまわないように。
このコーデ、インナーのカットソーをVネックにして、ちょっと切れ込みを深くしておくこともできます。前ボタンを閉めちゃえば見えないから。夜のお出かけがある時は、ボタンをオープンしてカットソーを見せ、足元をゴールドのパンプスにかえちゃいましょ。あっという間に、ゴージャスカジュアルコーデに変化です。

コメント